香川照之 半沢直樹 演技が凄い!名言は?嫁と子供は?なぜ歌舞伎を?

スポンサーリンク


高視聴率ドラマ「半沢直樹」で大和田常務役の香川照之さんは、
演技力が買われて抜擢されたと言われています。

そんな香川照之さんは、ドラマの中で名言も残していますね。
彼の嫁さんや子供についても気になります。

最近、歌舞伎の世界に飛び込んだ香川照之さんを探ってみました。

香川照之 半沢直樹 演技が凄い!名言は?

香川照之さんは、歌舞伎界の名家で生まれたサラブレッド。
その親の力を利用して芸能界に入り込みました。

そんな親の血を引いた香川さんの演技力は定評があり、
数々の賞を受賞しています。

その演技力を買われて「半沢直樹」にも
キャスティングされたのだろうとネット上では噂になっています。

香川さんは、眼力と顔の表情で存在感を醸し出しています。
「半沢直樹」の中でもその演技力が際立っていますね。

「カイジ」や「あしたのジョー」など、主役ではなく脇役としても
貫録のある演技は素晴らしいと絶賛されています。

また、ドラマ「半沢直樹」の香川さんの名言も好評です。
「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任」

これは、銀行の体質にまつわる言葉だといいますが、
普通の会社にもあてはまりますよね。

香川照之 嫁と子供は?

香川照之さんは、一時期タンゴ歌手の冴木杏奈さんと
婚約したことがありますが、破局してしまいました。

その後、1995年12月7日の自分の誕生日に
日本航空国際線CAだった知子さんと結婚しています。

噂では、知子さんも香川さんと同じ東京大学卒では?
と言われていましたが、違う大学を卒業されているようです。

2004年には子供も生まれて、名前は政明というそうです。
現在は小学校に通っていますが、場所は特定できませんでした。

香川照之 なぜ歌舞伎を?

香川照之さんは、父が市川猿之助さん、母が女優の浜木綿子さんで、
歌舞伎家の長男として生まれました。

しかし、彼が子供のときに両親が離婚して、母の浜木さんが、
女手ひとつで育てました。

そんな関係もあって、歌舞伎界ではなく芸能界で俳優を始めた
という情報もあります。

しかし、2011年の9月に突然、歌舞伎界への進出を宣言しました。
理由は、父が脳梗塞を発症したことと、後継者問題だそうです。

長い間、離縁状態だった父と和解し、九代目・市川中車となり
息子・政明くんと共に歌舞伎を継いでいこうと考えたようです。

46歳からの歌舞伎役者転身は、茨に道だといいます。
しかし、彼の持っている演技力で立派な歌舞伎役者になるのではないでしょうか?

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ