菊池桃子 逮捕?長女が脳梗塞で麻痺障害!シェーグレン症候群を告白!

スポンサーリンク


菊池桃子が逮捕された真相は?

昨年1月にプロゴルファーの西川哲さんと離婚した菊池桃子さんが、
長女が脳梗塞で麻痺障害になっていることを語った。

また、菊池桃子自身が、シェーグレン症候群で、
苦しんでいることも語っています。

菊池桃子 逮捕?真相は?

菊池桃子さんが逮捕されるわけはないですよね。
これは、チョットした検索の間違いです。

2012年6月3日に全国に指名手配されていた、
元オウム真理教の「菊池直子」が逮捕された。

この日を境に、「菊池桃子 逮捕」で検索する人が?
本人にしたら迷惑な話ですよね。

でも、「菊池直子」が逮捕されてから1年以上経つのに、
未だに「菊池桃子 逮捕」で検索する人がいるんですね。

面白い現象です。

菊池桃子 長女が脳梗塞で麻痺障害!

菊池桃子さんは、1995年にゴルフのプロ・アマ大会で、
西川哲さんと知り合い、それが縁で結婚しました。

西川さんは、結婚したいと父親に話すと、「ツアー優勝が条件」
と厳しいノルマを与えられたが、見事に優勝し結婚した。

当時は、恩師であるプロゴルファー・青木功さんにも
認められており、将来の活躍を期待されたのだが・・・?

長女にアクシデントが!

そんな2人には、1996年に長男が誕生し、
2001年には、長女が誕生している。

その長女が、乳児期に脳梗塞になり、
左手足に麻痺が残ってしまった。

菊池桃子さんは、長女に懸命のリハビリを行い、
現在は、歩けるようになるまで回復した。

しかし、小学校入学の際は、希望した学校に入れず、
国の政策や社会構造に疑問をもったようです。

現在長女は、都内にある肢体不自由児を対象にした
特別支援学校に通学しています。

早く、体の障害が回復するといいですね!

菊池桃子 シェーグレン症候群を告白!

2012年の1月に、旦那の不倫が原因で離婚した彼女は、
シングルマザーとして活躍の場を模索していた。

そんな菊池桃子さんが、2012年2月に、
特定疾患シェーグレン症候群を患っていることを明かしました。

シェーグレン症候群とは自己免疫疾患の一種で、
全体に乾燥を伴う症状があり、涙や唾液が出にくくなり、
皮膚の痒みや関節痛、場合によっては内臓疾患にも
及ぶことがあるという病気です。

菊池桃子さんは、自身のシェーグレン症候群を
薬で上手くコントロールしているようです。

長女の障害や自身の疾患のことがある菊池桃子さんは、
母校の戸板女子短期大学の客員講師を務める傍ら、
NPO法人「キャリア権推進ネットワーク」の理事に就任しました。

「芸能界ならではの発信力を活かして、より良いキャリア
づくりのご提案ができるように走りまわる覚悟です」

と語っています。

菊池桃子さん、がんばってください!
応援しています!!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ