シェリー 水着着ない理由は?カップ画像が凄い?ゴミ屋敷とは?

スポンサーリンク


タレントのシェリーさんが、ある番組で水着姿を断固拒否しました。シェリーが水着を着ない理由何なのでしょう?

そんなシェリーさんですがカップ画像が凄いと話題になっていますね。ゴミ屋敷などの意味深キーワードも気になります。

熱愛や結婚も気になるシェリーさんを探ってみました。

シェリー プロフィール

まずは、シェリー (SHELLY)さんの
プロフィールから見てみましょう。

本名:シェリー (SHELLY)
生年月日:1984年5月11日(29歳)
出生地:神奈川県横浜市
身長:164㎝
スリーサイズ:B:86 – W:61 – H:88
血液型:A型
高校:神奈川県立磯子高等学校
職業:タレント、モデル
趣味:音楽、映画鑑賞
特技:ダンス

シェリー (SHELLY)さんは、
父がイタリア系アメリカ人で母が日本人のハーフです。

父親はアメリカ海軍出身で、
男女交際に関してとても厳しく、今も変わらないとか?

14歳のときにスカウトされモデルデビューし、
雑誌のモデルやテレビやラジオのDJとして活躍した。

しかし、18歳のときモデルの仕事が急になくなり、
中古車解体業者で事務や車磨きなどの雑用をしたこともある。

現在は、数多くのバラエティ番組や司会者として出演し、
人気番組「ヒルナンデス」の火曜レギュラーも務めている。

シェリー 水着着ない理由は?

シェリーさんが「有吉の夏休み密着100時間inハワイ」
という番組に出演したときです。

有吉弘行さんら男三人が水着を選びシェリーに着てもらおうと
土下座までしてお願いするが、彼女は断固拒否しました。

最終的にはシェリーが折れる形で服の上から水着を着用し、
なんとか番組をつなげることができました。

しかし、番組終了後、ネットではシェリーの断り方が普通じゃないと
体に何かあるのでは?…という疑問の声が上がりました。

そんな中、浮上したのがタトゥー疑惑です。
胸のあたりにタトゥーが入っているのでは?…という噂です。

また、手術の跡があって、見せられないのでは?…とか
父親が厳しい方なのでテレビでの水着姿はNGになっているのでは?

確かに、シェリーの水着画像はネット上には1枚もありません。
あれだけのナイスバディーなのにもったいないですね。

でも、人には言えない事情があるのでしょうね。
彼女の気が変わるまで待つしかなさそうです。

シェリー カップ画像が凄い?

さて、気になるのがシェリー (SHELLY)の
カップ 画像ですね。

彼女のスリーサイズがB:86 – W:61 – H:88
という数字でした。(非公開ですが)

ネット上で調べたとこと、Dカップという意見が
一番多かったようです。

シェリー (SHELLY)さんは、ムチムチ体型なので、
Eカップくらいあるかもしれませんね。

いずれにしても、ハーフ特有のがっちり体型と
ムチムチとした体型が混ざり合ったスタイルとカップです。

シェリー ゴミ屋敷とは?

シェリー ゴミ屋敷????
面白いキーワードだったので調べてみました。

これは、ある番組でゴミ屋敷を片付けるバイトを
シェリー (SHELLY)さんが挑戦したというもの。

天井までゴミが山積みされてたゴミ屋敷を、
男性3人と彼女が1日がかりできれいにするバイト。

ホコリまみれになりながらなんとかゴミ屋敷を
清掃することができたシェリー (SHELLY)さん。

彼女に渡されたバイト代が35,000円。

こんな高額なバイトは初めてとビックリする彼女。
人が嫌がる仕事は高額なんですね!というお話しでした。

シェリー 熱愛 結婚は?

彼女は、プロフィールでも紹介しましたが、
父親が恋愛に関しては厳しく、交際が難しい環境で育った。

しかし、母親は彼女の理解者であったようで、
高校生の時とモデルをやっているとき彼氏を紹介したようです。

一般人なので名前はわかりませんが、年上の彼氏だったとか?

芸能人との熱愛の噂は、ハリー杉山さんとありましたね。
きっかけは、「笑神様は突然に」という番組。

お互いに意識して長い間おつき合いしたそうですが・・・?
彼には、佐々木希さんとの噂もありますからね。

伊勢谷友介さんがシェリー (SHELLY)さんの
司会ぶりに引かれて、猛アタックしたという噂もありました。

2人は、食事に行ったり、デートをしたりしていたようですが?
伊勢谷友介さんの周りには女の噂がいっぱいで・・・?

シェリー (SHELLY)さんがフジテレビ「グータンヌーボ」
に出演したとき、結婚について話していましたね。

彼女は4年間付き合った年上の人がいて、結婚の話も出ていた。
シェリーが24のとき、2年後に結婚しようと告白された。

しかし、2年後の結婚に自信が持てなかった彼女は、
「自分の気持ちに正直に」と思い、断ったそうです。

女ごころは難しいですね!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ