藤圭子 前川清 離婚の理由は?生い立ちが悲惨?在日韓国人なのか?

スポンサーリンク


歌手の藤圭子さんが亡くなったという話題で盛り上がっています。
しかも、自殺の可能性が高いというショッキングな事件です。

藤圭子さんは、前川清さんと離婚していますが、
理由は何だったのか?

生い立ちが悲惨で在日韓国人という噂もあります。
そんな藤圭子さんを覗いてみました。

藤圭子 前川清 離婚の理由は?

藤圭子さんといえば「圭子の夢は夜ひらく」という曲です。
1970年に発売され77万枚の大ヒットを記録しました。

そして、日本レコード大賞を受賞し、紅白にも出場。
翌年の1971年には歌手の前川清さんと結婚しています。

しかし、1972年には離婚してしまいました。
1年足らずの結婚生活で子供もできませんでした。

どうして、こんなに早く離婚してしまったのか?
ネット上を調べると様々な理由が上がっています。

前川さんと藤さんを離婚させたのは周囲の人々が
彼らを谷底に落として演歌道に精進させるためだという噂。

藤圭子さんの性格が前川さんの性格と合わなかった。
そして、アン・ルイスとの噂もありました。

結局、藤圭子さんという女性は、奥さんや母親には
向いていない女性だったというのが結論のようです。

実際に前川さんと離婚した後、宇多田ヒカルの父親、
宇多田照實さんと結婚し20年以上結婚生活をしていました。

ところが、20年の間に宇多田照實さんと6回も離婚・再婚を
繰り返し、最終的には2007年に正式に離婚しています。

今回の事件も30代の男性が関係していると言われています。
やはり彼女は、男性に恵まれなかったと言ってもいいかもしれません。

藤圭子 生い立ちが悲惨?

藤圭子さんは、1951年7月5日生まれで今年62歳でした。
出身は岩手県一関市で、北海道旭川市で育っています。

彼女の父親は、浪曲歌手の阿部壮さん、
母親は三味線瞽女の竹山澄子さんです。

藤さんは、両親と旅回り生活をしながら、自らも歌っていました。
成績優秀な子供だったそうですが、貧しかったために進学を断念。

「さっぽろ雪まつり」でレコード会社にスカウトされ上京しました。

1969年に「新宿の女」で歌手デビューするとその曲が大ヒットし、
20週連続の1位を獲得する快挙を成し遂げました。

セカンドアルバム「女のブルース」も17周連続1位を獲得し、
日本レコード大賞や紅白歌合戦にも出場し大活躍していました。

ところが、1974年に咽のポリープを手術したことで、
声がかすれ人気が段々となくなっていきます。

結婚生活は、先ほどお話しした通りですが、
彼女の生い立ちも波瀾万丈だったようですね。

藤圭子 在日韓国人なのか?

藤圭子さんが在日韓国人ではないかという疑惑があります。
出所を調べたら2002年の2chのようです。

日記「出自の提造はオートマチック」のなかに
在日朝鮮人で知られる宇多田純子の芸名は「藤圭子」だが、
その娘は韓国国籍らしいことがわかった。とあります。

宇多田ヒカルさんの「オートマチック」がヒットした頃で、
彼女の本名は金光美で朝鮮人だったと書かれています。

ほかの韓国説の記事を見ても最終的にはここに行きつきます。
ということは、この記事から噂になっているだけのようです。

この記事意外に藤圭子さんと韓国を結び付けるものはなく、
勿論、メディアの報道も一切ありません。

結論は、藤圭子さんが在日韓国人だという疑惑は、
極めて薄いということのようです。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ