林修 あすなろラボ 子育て まとめ!子供は今後?初冠番組で生徒役?

スポンサーリンク


「今でしょ!」で時の人となった林修さんが、テレビ朝日系の深夜帯で
初の冠番組「林修先生の今やる!ハイスクール」を持つことがわかりました。

そんな林修さん夫妻には子供がいませんが、あすなろラボで
子育てに悩む母親に語っていますので、内容をまとめてみますね。

林修 あすなろラボ 子育て まとめ!

林修さんが、テレビシャカイ実験「あすなろラボ」で、
子育てに悩む母親に対して子育て論を授業したものをまとめました。

授業に参加したのは、小学校1年生から6年生までの子どもを持つお母さん。

お母さんたちは、子供が自分から宿題をやらない、本を読みたがらない、
ゲームばかりしてしまう、集中力がないなどの悩みを抱えているようです。

1、夫婦2人だけの子育ては覚悟がいる

今回参加されたお母さんたちも夫婦と子供という核家族がほとんど。
その家族構成が、子育てに強く影響していると彼は言います。

昔の家庭には、おじいちゃん、おばあちゃんがいて、
お父さん、お母さんの4人で子育てをしていました。

ところが、4人体制から2人体制にほとんど変わってしまい、
両親への負担が倍増したと林先生は語っています。

確かにそうかもしれませんね。チョットしたことでも、
おじいちゃんやおばあちゃんがいるだけで子供の面倒を見てもらえましからね。

アニメの「サザエさん」や「ちびまるこちゃん」などは、
3世代家族で構成されていますものね。

この3世代家族での子育ては、意外に盲点だったのかも?

2、料理でしか家族に貢献できない母親

林先生がお母さんたちに吉本隆明さんの言葉を贈るのですが、
要約すると、母親が家族から慕われるには、美味しい料理を作ること。

家族を自分の思い通りにするには料理以外に方法はない。
どんなにお金持ちでも絶対無理だそうです。

つまり、お母さんが子供にしつけをしたり、心をつかむためには、
美味しい料理を作って、満足させて上げることが肝心だと言います。

コンビニ弁当やレトルトといった食材で手抜きをすると、
子供は心を遠ざけ、言うことを聞かなくなると林先生は言っています。

どんなに忙しくても、愛情を込めて手料理を作ってあげる。
こんな環境が今の子育てに欠けている点だと言っています。

3、子供は親の背中を見て育つ

子育てで最も重要なのは「しつけ」だそうです。
「しつける」ためには以下の2つが重要と林先生は言います。

・好き嫌いをなくす

・姿勢を正す

好き嫌いとは、食べ物だけではありません。
勉強やスポーツなど入ります。

好き嫌いを覚えてしまうと、
我慢すること、挑戦することがなくなります。

自分の嫌なことをしなくなるという癖がついてしまいます。

逆に、好き嫌いがない子供に育てれば、嫌なことにも挑戦したり、
面倒なことでも自然にできるようになります。

幼少期に脳が大きく成長するには、
正しい姿勢をしていることが前提だと林先生は言います。

もし、姿勢が悪いまま成長してしまうと、
身体は成長するが、脳が成長せず、集中力や思考力に影響が出るとか。

昔は、学校の先生や近所のおじさん、おじいちゃんやお父さんが、
厳しく叱ったのですが、今はほとんどない状態です。

もし、親ができていないのであれば、親が自分をしつけることが肝心。
子供は、親の背中を見て育っていくのだから。

林修 子供は今後?

林修先生の子育て論を聞いたお母さんたちは、
納得いかない部分もあったようですが、共感する部分も多かったようです。

そんな中、林修先生と奥さんとの間に子供がいませんが、
どのようにお考えなのですか?という質問が?

林先生は「今までは子育てに自信がなかったが今はできた」と答え
奥さんとも相談して今後作る予定だそうです。

林修 初冠番組で生徒役?

そんな林修さんが、テレビ朝日火曜バラエティ道場
「林修先生の今やる!ハイスクール」を受け持つことがわかりました。

2ヶ月限定のバラエティー番組ですが、彼の普段とは異なり、
講師から講義を受ける生徒役となって、真髄を学友と学んでいくもの。

彼は、小学校時代から頭が良くて、先生からしたら嫌な生徒、
理路整然と先生を追い詰めたこともあったと言います。

今回は、そのような生徒ではなく、態度良く先生の話を聞く生徒を
生まれて初めてやってみたいと思いますと意欲を見せていました。

同番組は、8月6日(火曜)深夜1:21~です。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ