岩城滉一 韓国と逮捕の因果関係は?自己破産の真実は?バイク伝説とは?

スポンサーリンク


俳優の岩城滉一さんは、本名は李光一さんといって在日韓国人です。
そんな彼が逮捕された裏にはどんな因果関係があるのか?

岩城滉一さんは、自己破産したという噂があります。
はたしてその真実は?バイク伝説も気になりますね。

年をとってもカッコイイ岩城滉一さんを探ってみました。

岩城滉一 韓国と逮捕の因果関係は?

岩城滉一さんは、1976年12月17日夜、杉並区の友人宅で、
暴力団組員から買った覚せい剤0.02グラムの使用と
拳銃所持の疑いで1977年7月29日に逮捕されています。

岩城さん、覚せい剤をしばしば購入していたようですね。

当時、岩城滉一さんが所属していた事務所は、
暴力団関係者が社長を務める事務所でしたからね。

岩城滉一さんが、在日韓国人というのは有名ですよね。
ヘルメットに韓国国旗を付けていますからね。

その辺も絡んでいるかもしれませんね。
芸能プロダクションの社長は韓国系の方が多いと言います。

芸能界と暴力団は切っては切れないようですからね。

岩城滉一 自己破産の真実は?

岩城滉一さんの自己破産理由については、
2003年に週刊誌が報じていました。

なんだかんだで、5億円の借金を作ってしまったとか。

当時、岩城さんは、東京世田谷に地上3階、地下2階の
豪邸に住んでいました。築4年だったと思います。

岩城さんは会見で、
「人に金を借りた覚えもないし、5億の数字もわけがわからない。
ただ、融資銀行がつぶれて、返済が一部滞っているだけ」
と答え、自宅は競売にならないと説明しました。

しかし、岩城滉一さんの自宅は、1億6100万円で落札され、
なんとか、自己破産を免れたということのようです。

岩城滉一 バイク伝説とは?

岩城滉一さんは、帝京大学を中退して、舘ひろしさんと、
原宿・表参道を拠点とした硬派バイクチーム「クールス」を結成しました。

自らが、副団長となってグループを盛り上げています。

その後、選抜メンバーで、ロックバンド「クールス」を結成したが、
岩城滉一さんは、音楽に興味がなく、参加しなかったようです。

一つ目のバイク伝説が、クールス時代に
「原宿・表参道をウイリー走行で1キロを走りきった」
というのです。

岩城滉一さんのバイク伝説として30年以上伝えられています。
当時の岩城さんなら、たぶんやったと思いますよ。

当時は、本当にすごかったですからね。

二つ目のバイク伝説は、
「娘さんが小さいとき、熱を出したんだそうです。

あわてた岩城さんは、ブルゾンの中に子供を入れ、
病院までバイクで走った」というのです。

このとき、車の免許があったらと痛感したようです。

その後、岩城さんが車の免許を取ったのが30歳ですからね。
バイクが本当に好きだったのでしょうね。

岩城滉一さんは、逮捕や自己破産寸前という
波乱万丈の人生を歩んできました。

しかし、現在、62歳になった岩城さんですが、
まだまだ目が離せませんね!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ