テリー伊藤 週刊文春が愛人を暴露?みのもんた擁護も逆効果に?

スポンサーリンク


タレントのテリー伊藤さんに愛人がいたことを
週刊文春が報じて話題になっています。

テリー伊藤さんは、みのもんたさんを擁護したり、
芸能人のスキャンダルをコメントしていましたが逆効果になりそうです。

そんなテリー伊藤さんを覗いてみました。

テリー伊藤 週刊文春が愛人を暴露?

週刊文春によるとテリー伊藤さんは7月の初旬に
都内の住宅街をある女性と肩を寄せ合って歩いていたそうです。

この女性を調べたところ、年齢は50代、一般人で会社務め、
名前は公表されていませんが、Aさんと報じられていました。

テリー伊藤さんとは20年近く交際しているようで
「愛人」とか「第二夫人」と呼ばれていたようです。

Aさんの知人によると、2人が出会ったのは彼女が30代の頃で
テリー伊藤さんの一目ぼれだったようです。

テリーさんは一生懸命彼女を口説き、Aさんも気に入ったとか?
それからは、彼女の家に入り浸りだったようです。

テリー伊藤さんから彼女に贈られてくるメッセージは、
傍から見ていると歯の浮くようなものだったそうですよ。

週刊文春には、テリー伊藤さんとAさんが頬を寄せ合って
幸せそうな頬笑みを浮かべているツーショットが掲載されています。

また、クリスマスイブに撮影したトナカイの赤鼻をつけた2人と
愛犬を抱えたツーショット写真も掲載されています。

2人が交際を始めた当時、テリーさんは奥さんと別居中で、
Aさんとの結婚は時間の問題だと言われていたそうです。

Aさんも真剣にテリー伊藤さんの子供を産もうと考えたそうです。
しかし、テリーさんはただの遊びだったようです。

Aさんとの結婚について「重たいんですよ」と周囲に漏らしたとか?
浮気癖のあるテリー伊藤さんの「いつもの病気」だったようですね。

結局、Aさんは50歳になっても独身のままで、
女盛りの30~40代をテリーさんにささげただけだったのです。

テリー伊藤 みのもんた擁護も逆効果に?

テリー伊藤さんに直撃インタビューに臨んだ文春記者は、
Aさんの話題になった途端、テリーさんの顔色が変わったそうです。

そして、記者が投げかける質問に対して、テリーさんからの回答は
支離滅裂だったようです。

芸能人のスキャンダルをいつもバッサリと切ってきたテリー伊藤さん。
このスキャンダルで今後の発言に説得力がなくなりますね。

ネットではテリー伊藤さんのスキャンダル報道に対して
「みのを擁護するだけはある下半身のだらしなさ」
「みの」を弱者の味方とか擁護してたなこいつ」など
厳しい声ばかりが目立っていました。

テリー伊藤さんの発言は、その場の勢いで人と違う意見をいい、
自分を目立たせようとしているだけかもしれません。

土曜日の「スッキリ」とか日曜日の「サンデー・ジャポン」など
スキャンダルに対していつも目立つ意見を言っていたテリー伊藤さん。

今後、テレビでどんなコメントをするのか楽しみですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ