青木裕子 スキャンダル 300回は凄い!不倫相手の画像とは?

スポンサーリンク


青木裕子のスキャンダル300回は凄いですね。
彼女は清楚なイメージですよね。

ナイナイの矢部さんと結婚した青木裕子さん。
不倫相手の画像付きでスキャンダル記事が出ていましたね?

どんなスキャンダルなのかまとめてみます。

青木裕子 スキャンダル 300回分の1

青木裕子さんがTBSに入社して間もなくでしたから、
彼女が23歳のときですね。

あの「サンデー・ジャポン」の総合演出をつとめる
細矢将司さんとの不倫騒動が報じられました。

なんでも、番組の慰安旅行に行ったときに、
不倫関係の導火線に火を付けたようですね。

導火線に火をつけたのはもちろん・・・青木裕子アナ。
やりますね。若い時だけにノリノリだったんでしょうね。

当時、細矢将司さんには、奥さんと子供が2人いましたが、
「離婚騒動」までは、発展しませんでしたね。

しかし、この不倫が報道されたことで、細矢さんは、
「サンデー・ジャポン」の担当を外されたようです。

青木裕子 スキャンダル 300回分の2

次は、2007年でしたね。
年に最低1回は、テレビだけではなく週刊誌にも
出場していましたね青木裕子さんは?

お相手は、またまた「サンデー・ジャポン」のAD大岩剛之さんとの
同棲がスクープされましたね。

ADの大岩剛之さんは、確か青木裕子さんより年下のはず。

スクープされたときの見出しが「透けブラ同棲!」
さすが週刊誌、面白いネーミングをつけるものです。

この報道が広がったとき、爆笑問題の太田さんが
「300回セックスしているエロアナウンサー」と
青木アナに暴言を吐きました。

それから、青木アナはエロアナウンサーと評判になり、
検索窓に「300」のキーワードが表示されるようになった。

その後も青木裕子アナは、300回の話題をテレビで失言している。

青木裕子 スキャンダル 300回分の3

次は、2008年でしたね。
やっぱり、1年に1回は週刊誌に載るでしょう。

お相手は、ぴったんこカンカン・からくりTV担当の
重藤尚志さんとの不倫でしたね。

このときは、TBSも社内問題として、厳しかったですね。
重藤がTBS出入り禁止、青木裕子アナ「退社」の噂までありました。

当時、重藤さんには、奥さんと2歳の娘がいましたが、
不倫報道が流れてから半年後に離婚しています。

その後も、青木裕子アナと重藤さんは不倫関係を
続けていたようですが、数か月で破局したようですね。

青木裕子アナはけっこう肉食系なんですね。

青木裕子 スキャンダル 300回分をすべて書いても
飽きてしまうので、ここで終わりにします。

でも、青木裕子アナって、あっけらかんとしていて、
何となくいい感じですね。

1年に300回ですからね。
矢部さんとの子供も早いのではないでしょうか?

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ